ひさかたの

memo

同人誌即売会での「おしながき」を工夫してみたポイント7個

同人誌・即売会

こんにちは。あめです。
もうすぐ冬コミ…前回新刊らしい新刊を作れなかったからなのか、私のサークルは落選しました。なのでこの冬は締め切りに追われることなく優雅に暮らしています。
みなさん、入稿はお済みですか?

新刊の入稿が果たせたら、次にサークルさんがやることは、告知用の「おしながき」作成ですよね。pixivや自分のブログに、頒布物の表紙や値段をまとめた物を載せる、あれです。当日大手のサークルさんに並んでると回覧されてくる、あれです。
私のサークルはそれはもうピコ手(=弱小)サークルなので、おしながきは回覧用ではなく、A4サイズにプリントアウトして100円ショップのフレームに入れてスペースに飾っています。

このおしながきをこだわって作成しているサークルさんも多くて、とっても可愛くまとめていたり、サークルや新刊の趣向に合わせたデザインにしてて、素敵ですよね。

というわけで、私がいままでwebに上げたり当日に飾ってきたおしながきを、工夫したポイントに沿ってご紹介します!大してすごくはないし、場当たり的に作成してきたものですが、少しでも参考になれば嬉しいです。

続きを読む >

イラストを描くときに、トーンカーブを使って手っ取り早く影を付ける方法

こんにちは、あめです!
最近イラストを描くときに試している、影の付け方を紹介します。

一般的な影の付け方って大体2通りだと思うんです。
そのまま影の色を作って塗り重ねる方法と、暗めの色を新しいレイヤーに塗って乗算で重ねる方法です。
前者は色の多い絵だといちいち色を作るのに時間が掛かるし、後者は暗すぎる色になったり、なかなか思い通りの色にならないことがあったりします。

そこで、影つけが面倒だと思った私が考えたのが、photoshopのトーンカーブで手っ取り早く、いい感じの色の影を描く方法です。
続きを読む >

なかなか気づきにくい、Photoshopのレイヤー周りの便利な小技・ショートカット

Photoshopで意外と自己流になってるのが、レイヤーの扱い。
ショートカットにも便利な機能が揃っています。でもこういう細かいところって、なかなか教則本なんかでは触れていないので、誤操作で偶然見つけたり、他の人が操作してるときに「え!?今のどうやったの!?」と教えてもらうことが多いです。あとはショートカットをまとめたブログ記事を見つけたり。

今回は私がよく使っている小技で、意外と気づかないけど便利!!なレイヤーの表示やグループ化にまつわるものを5つ紹介します。
ちなみに私はWindowsでCS4を使ってます。他のバージョンでも多分できます。
続きを読む >

Photoshopで線画抽出する方法【アクションつき!】

イラストを描くときに、スキャンした白黒の線画をPhotoshopで抽出する方法のご紹介です。saiの機能でなにげに便利な「輝度を透明度に変換」を、フォトショでやります。
アナログで描きはじめてデジタルで仕上げする人はほとんどご存知かと思うんですが、一番オーソドックスであろう方法をご紹介します。そうは言っても頻繁に使うには面倒なやり方になってしまうので、アクションに登録しちゃおうというわけです。

続きを読む >

Photoshopでドキュメントの解像度を一瞬で知る方法

画像を扱っていると、注意しなければいけないのが解像度。縦横のピクセル数は何だったか、解像度は72dpi?それとも350dpi?と、確認したり変更したりすることがよくあります。

その際、私はいつもメニューのイメージ→画像解像度と辿って確認したり、それもめんどくさくなってCtrl+Alt+Iのショートカットを覚えて、ちょっと確認しては閉じるという作業を繰り返していました。
確認するだけのときは、もっとひと目で分かればいいのに…。

そう思っていたら、そんな方法、あったんですね。

私はPhotoshopを使って、もう5年くらい経ちます。それなのに、つい最近初めて知ったのでした。意外に知られていないんじゃないかと思うんですけど、どうでしょう?

続きを読む >

カテゴリー

最近の投稿

人気記事

アーカイブ

タグ